日焼けしているとき、生理中は脱毛できない?

日焼けしていると、脱毛サロンを受けられなくなります。その理由はお肌へのダメージが大きくなってしまうからです。

脱毛サロンで使われている光脱毛ですが、黒い部分に反応して毛根にダメージを与えてムダ毛を処理する仕組みです。
しかしながら反応するのはムダ毛だけでなく、色の濃い部分にもムダ毛と同じく反応することがあります。

クリニックでほくろやあざの除去でレーザーが使われることが多いのですが、レーザーも光も仕組みは同じですので、真っ黒に日焼けしているお肌にも反応をしてしまう危険性があります。
そうなれば高い熱エネルギーがお肌にも加えられてしまうので、火傷をしてしまいます。また日焼けをするとお肌の水分が不足し、普段よりお肌が乾燥するようになります。肌が乾燥すると痛みを感じやすくなりますし、過敏な状態になるためお肌がトラブルを起こしやすいのです。脱毛効果も普段より劣ります。日焼けをしているお肌と、ムダ毛の両方に光のエネルギーが分散してしまうため集中してムダ毛を処理できなくなるのです。

生理中も脱毛を断れることがありますが、それはサロンごとに対応が違います。VIOラインだけを断る場合もあれば、その他の部位でも脱毛を断るサロンもあるのです。生理中はお肌がいつもより敏感になるため、痛みや肌のトラブルを起こしやすいからです。生理は体調の変化によって周期がずれることもありますので、生理時の対応や予約の変更などの規定も、きちんとサロンに確認しておくと安心です。