sasaki のすべての投稿

何回通えば効果があるの?

脱毛サロンに通うときはどの程度通えばムダ毛がなくなるのでしょうか。
ムダ毛の量や濃さには個人差があるため一概には言い切れないのですが、脱毛サロンとレーザー脱毛とでは通う回数にも違いが出てきます。

同じ部位を脱毛するのでも、レーザー脱毛のほうが少ない回数でムダ毛の量を減らすことができるのです。
それはレーザー脱毛のほうがムダ毛を処理するパワーが強いからです。一度の照射でも毛根を破壊させる力に優れていますので、少ない回数でもムダ毛の量を減らしていけます。

一方、脱毛サロンで使用されている光脱毛はレーザーよりもパワーが弱いため、ムダ毛の量を減らすためにはある程度まとまった回数の脱毛を受けないといけないのです。

それでは具体的に何度くらい通えばムダ毛の量を減らすことができるのでしょうか。脱毛サロンの場合は平均して10回以上通うことで段々とムダ毛が目立たなくなってきます。脱毛サロンを申込みするときに、ある程度の回数がまとまっているコースで申込みされる方がほとんどです。

10回以下のコースが設定されていることもありますが、恐らくそれでは満足いく結果が得られないかもしれません。最低でも10回以上のコースを申込みしておいたほうが満足度の高い結果が得られると思います。

コースの回数に関しては脱毛サロンに問い合わせてみましょう。サロンのホームページにてコースや料金が掲載されていますが、10回以上のコースが掲載されていないこともあります。問い合わせてみると料金を教えてくれるかもしれません。

脱毛サロンは永久脱毛?

脱毛サロンを受けたら一生涯ムダ毛がそこからは生えてこない、つまり永久脱毛が可能だと思っている方も多いでしょう。

しかしながら今のところ、エステサロンや脱毛サロンで広く実施されている光脱毛、医療機関で実施されているレーザー脱毛に関しては、永久性が認められているわけではないのです。

永久性が認められている脱毛方法が一つだけあります。それはニードル脱毛です。
日本の厚生労働省に該当する国の機関がアメリカにあるのですが、そこで唯一永久性が認められているのです。
ニードル脱毛といえば、10年以上前にまだ光やレーザー脱毛が普及する前に主に行われていた脱毛方法です。脱毛費用が高額であること、脱毛に時間がかかりすぎる、強い痛みを伴うなどの理由であまり広く普及することはありませんでした。

現在でもニードル脱毛を受けられる場所はありますが、光やレーザーと比べるとごくわずかです。
お金を払って脱毛を受けるのですから、永久脱毛をしたいと考えるでしょう。しかしながらまだ光やレーザー脱毛に関しては永久性が認められていないのです。その理由はまだ正確なデータが取れていないからです。

光やレーザー脱毛が普及するようになってからまだ10年から20年程度しか経過していません。それだけの短い期間では脱毛に永久性があるのかどうかを判断することは難しいのです。もしもどうしても永久性を求めるのであれば、永久保証がついているサロンを選んでおくと安心です。

意外と目につくひじ下の脱毛

ひじ下も脱毛サロンにて人気のある脱毛部位です。半袖、ノースリーブを着用する機会が増えると、ひじ下を露出します。
正面から見たとき、面と向かって座っているときなどでも目に付きやすい部分ですし、ムダ毛が濃いとすぐにわかってしまいます。

ひじ下のムダ毛はひざ下ほどではありませんが、比較的濃い毛が生えてきます。ひじ上はムダ毛の量も少なくそして毛自体が薄いのでそれほど気になりませんが、ひじ下のムダ毛は目立ちます。
それを気にされて自分でひじ下のムダ毛を処理するのですが、カミソリや毛抜きによる処理で肌のトラブルが起こりやすくなります。

カミソリや毛抜きを使うと肌がダメージを受けやすく、ムダ毛が無くなっても素肌の美しさが損なわれてしまって、ひじ下を見せるのが恥ずかしくなってしまうのです。おまけに自分で処理を繰り返していくと、次第にムダ毛の濃さも増していくので余計に自己処理の頻度を増やしてしまい悪循環になります。

自己処理を繰り返しても、ひじ下のムダ毛が少なくなることはありませんし、肌のトラブルも改善しません。
それなら脱毛サロンにて脱毛を受けてしまった方がムダ毛の量を減らせますし、肌トラブルも改善されていきます。

脱毛サロンではムダ毛を大元となる毛根から処理してくれるため、その毛根からはムダ毛が生えてこないようにしてくれます。そのため永久性が高く、脱毛を受けてから数年から数十年の間はムダ毛で悩まされることがほとんどなくなります。しかもムダ毛処理時に肌ケアもしっかりと行ってくれるため、処理後も美しい素肌を保てます。

見えないところだからこそ気を付けたい背中

背中のムダ毛は自分の目で確認することがとても難しいです。
しかしながら他人からは目につきやすい場所ですから、自分が思っている以上にそのアラが目立ってしまいます。背中のムダ毛も実はとても目立ちます。

背中にはえているムダ毛は、産毛でワキやひざ下と比較してみると薄く目立ちにくいはずなのですが、目につきやすい部分だけに目立ってしまうのです。
背中の部分がぱっくりとあいた露出度の高い洋服などを着る機会もあるでしょう。
また水着を着た時も背中の部分が目立ちます。浴衣を着る季節になると、浴衣の隙間から背中が見えてしまうこともあります。背中にニキビがあるとそれが目につきますし、毛が生えているとそれが薄くてもどうしても気になってしまうのです。背中のケアが行き届いていないだけで、女性としての魅力が大きくダウンしてしまうこともあるようです。

結婚式を迎える花嫁さんはブライダルエステに行かれる方がとても多いのです。ブライダルエステでは必ず背中とデコルテのケアが含まれているのですが、ドレスを着用しても目立つ部分だからです。
背中のムダ毛が気になっても自分で処理をするのはとても難しい部分です。

まず背中のどの部分にムダ毛が生えているのかを自分で見ることができません。鏡を使って背中をチェックしてもそれでも難しいでしょう。そしてムダ毛処理するにもカミソリや除毛クリームなどを使っても処理残しが出てくる可能性が高いのです。脱毛エステでも背中のムダ毛処理をしてもらえれば処理残しもありませんし、ムダ毛全体の量を減らせます。

産毛もつるつる、顔の脱毛

顔の産毛を気にされている女性もとても多くいらっしゃいます。
男性はヒゲが生えてくるため毎日ヒゲの処理を行う方がほとんどです。女性は男性ほど毛が濃くないのですが、産毛と呼ばれる薄い毛が顔全体に生えています。

この産毛なのですが、部分的にはとても濃くなることがあり、顔の中でもとても目立ちます。
お化粧をしても産毛が生えているのははっきりとわかります。特に産毛が濃くなりやすいのが、鼻の下です。鼻の下もうっすらとした毛が生えているのですが、時々1.2本、太くて黒い毛が生えてきます。

他に濃い毛が生えていないため、たったの1,2本でも毛の濃さがとても目立つのです。しかも顔は常に目に付く部位ですから、濃い産毛が生えているとそれだけで周りから日ごろの産毛ケアを手抜きしているとさえ思われてしまいます。

また産毛が生えていると、顔全体がくすんで見えます。薄い毛ではありますが、それが顔全体を覆っているので、顔の色がワントーンくすんで見えるようになります。またメイクをするときでも産毛にメイクがからみついてしまって、化粧が崩れる、化粧ノリが悪くなってしまうことさえあるのです。

産毛の処理は自分で行う方もいらっしゃいますが、顔の皮膚はとてもデリケートな部分ですから、あまり頻繁に行ってしまうと肌を痛めてしまいます。
それでもしばらく経つと産毛がすぐに目立つようになってしまいます。

脱毛サロンでも産毛処理に対応していますので、肌のトラブルもほとんどなく産毛をきれいに処理できます。脱毛サロンでは顔の産毛処理を細かく部位ごとに選ぶ、顔全体の産毛を処理するコースから選べます。

最近注目のハイジニーナ

水着を着るとき、下着を身に着けたときにそこからはみ出る下半身のムダ毛が気になります。しかも下半身のムダ毛はとてもデリケートです。
下半身の部分は皮膚自体がとても薄くて柔らかいため、自己処理によりトラブルを起こしやすい場所です。カミソリや毛抜きで処理をすると強い痛みを感じやすいですし、処理後のお肌が炎症を起こす可能性もとても高いのです。

だからといってそのままムダ毛を放置しておくと、ムダ毛が目立って恥ずかしい思いをします。
そこで脱毛サロンにてムダ毛の処理をお願いするのです。下半身のムダ毛は脱毛サロンでは大きく3つに部位を分けて脱毛サービスを提供しています。

ちょうど下着を身に着けたラインに沿った部分であるVライン、Vラインから陰部にかけてのIライン、そして肛門周りのOラインに分かれています。
Vラインだけとりあえず処理しておけば水着や下着を身に着けてもムダ毛が気にならないと思うかもしれません。

ところがVラインとIラインのちょうど境界にあたる部分なのですが、ここが正面から見たときでもムダ毛が見えてしまうのです。
水着を身に着けてもムダ毛が気にならないようにするためには、VラインとIラインをセットで申込みされるのが確実です。
しかも最近では肛門周りのOラインまで含めたVIOラインをセットにしたハイジニーナ脱毛が注目を集めています。ハイジニーナとは衛生という意味からきている言葉なのですが、下半身のムダ毛を全て処理してしまうことで、下半身のムダ毛の悩みを解消し、下半身を清潔に保つことができるのです。

脱毛エステ初心者に人気のワキの下

脱毛エステで人気の高い部位といえば、ワキの下です。
その理由は最初にムダ毛を気にする部位でもあり、自己処理が難しい部分だからです。ワキの下に毛が生え始めてくるのは、女性の場合ちょうど生理が始まる頃です。

小学校高学年ころから生理が始まる子が多く、そのころからワキの下に毛が生えてくるようになります。
半袖や体操服を着てもワキの下はとても目立つ部分ですし、その頃は自分の外見をとても気にかける時期です。
この時期は女の子のほうが男の子よりも精神的にも大人ですが、男の子は女の子の気を引くために外見をからかうこともあります。
その時にワキの下に毛が生えていることを指摘されて嫌な思いをしたという経験がある女性も少なくありません。

またワキの下は自己処理できれいに処理できない部分です。ワキの下は毛がとても濃くてしかも太いので、生やしているととても目立ちます。
しかしながらカミソリや毛抜きで処理してもすぐに生えてきますし、ワキは汗をかきやすい部分なので雑菌が繁殖しやすく、カミソリや毛抜き処理による刺激で肌のトラブルも起こりやすいのです。

せっかくムダ毛がなくなっても、肌トラブルが起こればその部分を見せるのは抵抗があります。
脱毛エステを受けるならまずはワキの下から始める方が大変多くいらっしゃいます。
脱毛サロンでもワキの下が人気部位であることを知っていますので、初めて脱毛エステを利用される方に向けて特別価格でワキ脱毛を提供したりしています。
ワキだけの脱毛なら1000円以下で受けられるところも多いため、皆さんお試し感覚でワキの脱毛エステを受けています。

リーズナブルな価格で脱毛ができる

自己処理はムダ毛が気になったときにすぐに処理できるため大変便利ですが、一生涯ムダ毛を自分で処理する必要があります。
しかもムダ毛処理に必要なグッズは適宜購入しなくてはいけません。
ムダ毛処理の最も手軽で身近な方法といえばカミソリですが、ムダ毛を処理するカミソリはそれ専用の物を使ったほうがきれいにしかも安全に処理できます。

ムダ毛処理専用のカミソリは男性が使っているような髭剃りタイプの物とは異なり、一つあたりの値段も少し高めになっています。
そして一度カミソリを購入したからといってそれをずっと使い続けられるわけではありません。カミソリの刃も使用しているうちに劣化してきますので、付け替え用の刃を購入して付け替えなくてはいけないのです。

ワックス、クリームを購入するときもまた費用がかかります。高性能の脱毛グッズはそれなりの費用がかかることを覚えておきましょう。
また家庭用の脱毛機器を購入しても、永久的にそれを使い続けることはできません。例えば家庭用のレーザー脱毛器もカートリッジを適宜交換する必要があるのです。
脱毛エステはお金がかかるため、受けることを迷っている方もいらっしゃるでしょう。脱毛エステに通ってムダ毛が処理できると、その後その部分からムダ毛が生えてくることはほとんどありません。

一生涯ムダ毛を自己処理するよりもトータルコストを安くすることができるかもしれないのです。それなら脱毛エステを受けた方がお得ですし、ムダ毛の悩みからも解放されます。

脱毛サロン超初心者ガイド
JATA会員旅行会社限定プラン/語学・留学ゾーンのご案内

本年より新しくできましたJATA会員旅行会社限定プラン、また昨年より引き続き好評の語学・留学ゾーン出展のご案内です。

是非この機会にこだわりの旅のPRマーケットの拡大、今後進むべき方向性を見定める場としてご活用ください。
お早めにお申し込みください。
*通常申し込みは4月30日(月)まで。

詳細はこちらから

2011-10-14
JATA旅博2012の出展申込受付開始!!
2011-08-10
◆JATA旅博2011バナー、リンクのご協力について(お願い)
2011-08-03
JATA 旅博 NEWS Vol.3 (2011.8.3)

ニュース アーカイブ

JATA旅博2011の来場者数について

JATA旅博2011へのご出展者様をはじめ、関係者皆様のご協力をもって大成功にて無事閉幕できましたことを申し上げ、厚く御礼申し上げます。 今回の旅博2011の来場者数を下記のとおり、ご報告申し上げます。
9月30日(金)
晴10月1日(土)
晴10月2日(日)
曇合 計
業 界 &プ レ ス
27,178 7,506 3,021 37,705
一 般 — 37,682 41,849 79,531
合 計 27,178 45,188 44,870 117,236