妊娠中の脱毛サロン

気になっていたムダ毛をきれいに処理してくれる脱毛サロンなのですが、それにまつわる注意点がいくつかあります。
女性の方が特に注意していただきたいのが、妊娠時です。

子宮の部分に近いV,I,Oライン以外の脱毛サロンなら、きっと妊娠中でも脱毛サロンを受けられるだろうと思っているかもしれませんが、部位に関係なく脱毛サロンを控えなくてはいけません。
ほとんどの脱毛サロンサロンでも、妊娠したら脱毛サロンを控えるように言われるはずです。

その理由は母体と胎児の健康を最優先するためです。いまのところ脱毛サロンで導入されている光が胎児に悪影響を与えることは報告されていませんが、それでも万が一の事態が起こったことを想定しなくてはいけないからです。

例えば脱毛サロンを受けることで、早産の危険性が高まるとも言われています。光脱毛は痛みが少ない脱毛方法だと言われているのですが、痛みの感じ方は人それぞれであり人によっては強い痛みを感じます。それが陣痛を誘発してしまう危険性があるのです。

また妊娠中はホルモンのバランスや体調が非妊娠時と比べて大きく変化します。いつもと同じことをやっていても疲れやすくなる、気分が悪くなってしまうことがあるため、脱毛サロンを受けているときにも急に体調を崩すことが出てくるかもしれません。お肌も過敏な状態になっているため、非妊娠時には全くトラブルがなかったのに、妊娠してから脱毛を受けてお肌が荒れてしまうことも十分にあり得ます。